カテゴリ:ロンドン観光( 9 )

♡♡Royal Wedding♡♡

ご無沙汰すぎてごめんなさい。
忙しいのと、生粋の面倒臭がりのせいで、全然更新できずにいます。

でも最近、少なくともfacebookの方には写真はUPしてるので、
もしFBにアカウントお持ちの方はfriendsリクエストしてもらえれば…と思います。 

+++++++

さて、4月29日。
何十年に一度であろう英国のroyal wedding。
そんな機会にロンドンに居合わせたのも、何かの縁だろうと思い、
疲れた体に鞭を打ち、夜中2時半からバッキンガムパレスまでroyal weddingを見に行ってきた。

f0223337_2134558.jpg

f0223337_2142861.jpg

f0223337_2162146.jpg

f0223337_2164773.jpg


夜のバッキンガムパレスは、とても幻想的で綺麗。
そして、その周りを囲む無数のテントたち。。。
みんな余裕の野宿です。

遠くに見えるロンドンアイもユニオンジャックカラー。
何とも可愛らしい。

そんな光景を見るのもレアだなーと思いながら、
先に午後4時半から場所をキープしてくれてた友達を探す。。。
ほんとにほんとに感謝!!

肝心のパレードはお昼12時過ぎ。
それまでの時間が長かった!!

朝8時にはテント・椅子はすべて撤去命令。
それから約4時間ちょっと、ずっと立ちっぱなし。
おまけにスペースはすごく狭く、朝から来た見物客が押し寄せてくるので、
圧迫感がすごかった。

おまけに我々一睡もしてないため、朝8時頃から眠くて眠くて死にそうだった…
立ってても寝れるくらい、体力の限界を感じ、
私なんて、ここまで頑張ったけど「もう帰りたい!」と心底思ったくらいしんどかった…

f0223337_21194194.jpg

f0223337_21203528.jpg

f0223337_21214879.jpg

f0223337_21221420.jpg


朝10時くらいから、マーチングバンドが行進をし始め、
皆な、俄然盛り上がりを見せる。

f0223337_21253279.jpg


そして各国の招待客の車がどんどん通りすぎ、
エリザベス女王やキャサリン妃も通り過ぎる。
ウィリアム王子はどうだったかな??
写真はキャサリン妃オンリー。

11時から式だったけど、もちろんここから見れるはずもなく、
設置されてたステレオから音声中継のみ。
それでも誓いの言葉の時は皆、興奮!!
その興奮の渦のなかで、私も疲れを忘れ一緒に騒ぐ!!

f0223337_21321310.jpg

そして、何故か隣りの見知らぬおじさんからシャンパンを振る舞われ、美味しく頂く。
こういうノリ、好きです。

f0223337_21355153.jpg

f0223337_2136165.jpg

f0223337_21394677.jpg

f0223337_21402220.jpg

f0223337_21404829.jpg

そして、ついにパレード!!
最初に騎兵隊(?)が馬に乗って現れる!!
かっこいい!!

それに続き馬車に乗った、royal familyが続々と。
この馬車が本当におとぎの国からやってきたような可愛さ。
イギリスのこういうところ、本当に素敵だと思う。

最初にウィリアム王子とキャサリン妃がやって来たんだけど、
残念ながらこちらは動画で撮ったため、写真はナシ。
動画のUP方法が分かったら載せますが、今回はごめんなさい。

そしてエリザベス女王!!
淡い黄色の洋服が似合ってましたね~
やっぱり上品っていうか、貫禄あり!!

続いてチャールズ皇太子とカミラさん。
それに続いて、ヘンリー王子だったかな。

とにかくすっごい勢いで去っていって、あっという間の出来事だった。
もう少しゆっくり走ってくれても良かったのになぁ…というのが本音。

でも、生キャサリン妃が見れて大満足。
すごく綺麗で品のある人だよね。
さすがウィリアム王子が選んだ人だけあります。

f0223337_2152929.jpg

パレードが終わってから、パレスのバルコニーに現れるroyal familyを見るため、
皆、一路パレスに向かって行進。
ほんとにすっごい人!人!!人!!!

f0223337_2156073.jpg

f0223337_21562729.jpg

パレス前まで行ったものの、royal kissを見逃した我々。
皆、royal kissが見たくて「kiss!kiss!」って叫んでたんですよ。
なのに…人々の悲鳴で、kissしたんだろうなーと気付いた次第です。

人の量も半端ないうえ、背の高い人達ばっかりなので、
背の低い我々が見れるはずもなく…残念の一言です。

でも総合的には大満足。
帰宅してテレビで映像を見て、この群衆の中に自分もまぎれていたんだなーと思うと、
ちょっと感動的だったりしました。

何はともあれ、happyなお二人を見て、happyなパワーをもらえた気がした。
末永くお幸せに♡♡
[PR]
by ikucovery | 2011-05-05 14:13 | ロンドン観光

London Eyeに乗ってみた。

f0223337_9124810.jpg

ロンドンにしては超珍しい、(特に冬には…)雲ひとつない快晴の日、
「帰国前に一度乗っておきたい!」というお友達のリクエストにより、
イマイチ魅力を感じていなかったLondon Eyeに行ってきました。

平日だったし、3月だし、快晴とは言え寒いし、
空いているかなーと思いきや、意外とチケット買うのに並びました。
さすがロンドン随一の観光地。

チケットは普通に買うと、大人£18.60という驚愕のお値段!!

しかし!
まさかまさかこんなバカ高い料金を払ってまで乗りたくはないんですよ、我々…

なので、友達から教えてもらったNational Railのバウチャーを使って、
「2 for 1」で乗ってきました!(要は2人で1人分の料金です。)

f0223337_9242455.jpg

乗り物はカプセル型で15~20人は乗れます。
f0223337_9263041.jpg

テムズ河の汚いこと…そこ残念ポイント。
でも空を見れば、本当に奇跡的な快晴!!
気持ち良かったです。
f0223337_9281078.jpg

ロンドンのイースト側。
有名な筍っぽい建物も見えたよ。
f0223337_9283298.jpg

一番高い地点から。
太陽が近い!!!
眩しい!!!
f0223337_9285587.jpg

眩しすぎて、あれなんですが…右下に見えるのがビッグベン。
f0223337_9361645.jpg

あとは下るだけーー↓↓↓
f0223337_9363781.jpg

北岸、チャリングクロス駅辺り。
f0223337_937211.jpg

中はこんな感じ。
f0223337_9405864.jpg

1周するのに30分くらいかな。
そんな長い時間飽きるかな…と思いきや、意外とあっという間の空中遊泳でした!!

空中遊泳を終え、ウエストミンスター方面に向かって橋を渡る。
f0223337_9421100.jpg

やっぱり、ビッグベンはシルエットが美しい。
f0223337_945068.jpg

ビッグベンに2階建バス、(そして雲ひとつない青い空)これぞロンドンな風景!!
ここには、今まで何回か来ているけど、こんなパーフェクトな光景を見たのは初めてだったな。
f0223337_948098.jpg

f0223337_9533860.jpg

最近、新鮮なことも何にもないロンドン生活なので、
たまにはこういうロンドンらしき所に行って、ロンドンを感じることも大切だなと思った。
今度は美術館にでも行ってみようかな。
[PR]
by ikucovery | 2011-03-18 01:03 | ロンドン観光

忘れかけていた新鮮な気持ち

【トラファルガー広場】
f0223337_18332143.jpg

皆さま、おはようございます。

ロンドン、相変わらず毎日曇りの日々が続いております。
基本、日光が好きじゃない女としては特に問題はないのですが、雨だけは勘弁って思います。

そういや、学校でこんな質問がありました。

T 「夏の暑さと冬の寒さ、どっちが好きですか?」


大抵の人が「夏の暑さ」と答えるだろうこの質問に、もちろん私は…


私 「冬の寒さの方が好きです。」 …と迷わうこともなく答えた人。


先生もびっくりですよ!!
太陽大好きイギリス人からしたら信じられなかったんでしょう。


T 「Why????」

私 「日に焼けたくないんですよ。」

T 「それじゃあ、イギリスの天気はあなたにとって最高でしょう?」

私 「そうですね~日本はすごく暑いですから。」


まー冬の寒さも別に好きじゃないんだけど、夏の暑さに比べれば全然耐えられます。
そんな訳で、おとついも昨日も今日も曇りときどき雨のロンドンです。
f0223337_18484490.jpg

さて…
久々に観光地らしき所に行ってきました。

最近、ロンドンに居る自分に慣れてしまって、新鮮なことなんてほぼない毎日なんです。
毎日センターに通っているにも関わらず、学校終わったら即帰宅しますし、
買い物もわざわざセンターでしようとは思いません。
地元で十分ですからね。

そんな私…久々に絵が見たい!と思い、National Galleryまで行ってきました。
f0223337_18543595.jpg

と言っても、時間がそんなになかったので、30分くらいだけ。
渡英直後に行ったきりなので、3カ月ぶりくらいかな。

相変わらず、トラファルガー広場はすっごい人。
ここにくると、ロンドンって観光地なんだなーと実感します。
ロンドンのガイドブックやマップを持った人がわんさかいました。

ちなみに私の中に印象深いのは、中国語でロンドンって「倫敦」って言うんです。
ちょっと意外な漢字を使うんですよね~

おまけに日本の「地球の歩き方」ってあるじゃないですか?
あれの中国語バージョンがあるみたいなんです。

地球の歩き方を持っているアジア人がいて、「おっ日本人か?」って思ったら、
表紙が「倫敦」ってパターンがちょくちょくありますから。
地球の歩き方、何気にインターナショナルな出版物のようです。



話がずれました。
ナショナルギャラリーですね、はい。

ここの良い所はとにかくフリーなところ!!
だから、ちょっと空いた時間に好きな絵だけ見るってことが可能なんです。

今回アムステルダムでますます関心を持ったフェルメールを観たい!と思い行ったんだけど、
肝心のフェルメールの展示室を見つけられないという…何とも残念な私。


だって!

だって!!

聞いてください。


3カ月前はフリーだった館内案内パンフが、何と£1になってたんだYO!!!
びっくりですよ!!
超びっくりですよ!!!

いつの間にこんなことになってしまったんだ…涙。
こんなことなら、前もらってたパンフとっておくんだったなと後悔。(←こういう類の物は即捨てる人。)

パンフがフリーと信じ込んでいた私。
何の迷いもなくパンフを手に取り、そそくさ展示室に向かおうと思ったら、
即、係員の男性に「£1払ってください。」と止められました…汗。

そしてパンフが並べてある棚の上に大きく「£1」と書いてあるのに気付く…汗。
若干恥じらいながら「ごめんなさい。私、これ必要ないわ…。」と棚にパンフを戻す私。
ちょこっと時間があるから寄ったのに、パンフに£1払うのもね、あれでしょ?(←ただのケチ)

その結果、広ーーいナショナルギャラリーでどこにフェルメールが展示されているのか、
全く検討がつかず、観ることができませんでした。(←唖然)

そんな唖然な私も、幸い印象派ルームは発見できたので、
モネ・ルノワール・シスレー・マネ・ゴッホetc…辺りをしっかり観てきましたよ。

やっぱり絵は心の癒しです。
そしてパリに行きたいな~と思う今日この頃。
いや、行こうと思えば週末オンリーで行ける距離なんですけどね。(超贅沢!!)

そんな訳で、久々ロンドンで観光客気分を味わってきた私。
たまには日常を離れるって大切ですね。
[PR]
by ikucovery | 2010-08-23 19:54 | ロンドン観光

Hampton Court Palace Flower Show 2010 其の弐

f0223337_455442.jpg

Lazyゆえに遅くなりましたが、フラワーショーの続きです。
今回はお花編。

お花はさすがに室内での展示だったので、瀕死寸前の私は助かりました…汗。
ここで体力回復デス!!

f0223337_50455.jpg

なんて綺麗な色なんだしょう♡
バラのようだけど、バラじゃないはず、いやバラかな…よく覚えていません。。汗
ただ、この淡いオレンジともピンクとも言える色がいいよね♡♡

f0223337_535734.jpg

このお花、色々見た中で一番好きです。
花がっていうより花の色が好きなんです。
このブルーっぽい紫ってなかなか見ない色だよね。
すっごく神秘的じゃないですか!!

f0223337_57057.jpg

大輪のダリアさん。
花びらの先だけ白い…すごい技術だよね~

f0223337_5115862.jpg

ユリもやっぱりいいんだよねーー何ともいえない優雅さっていうの!?
上品な花代表格って感じです。
和風の傘と一緒に展示されてて、日本の風を感じました。

ここからは写真だけずらーっと…
f0223337_5154122.jpg

f0223337_5182499.jpg
f0223337_5185439.jpg

f0223337_5203086.jpg

f0223337_5215019.jpg

とにかく色々な花があって面白かった!!
見たこともない花もあったし、展示の仕方も工夫を凝らしたのが沢山あったし。

そして、ここで残念なお知らせ。

カメラのバッテリー切れ……涙涙涙

ありえないよね。。。
何やってんだか…と自分の愚かさにがっかりでした。

カメラのバッテリー切れに加え、酷暑。
よく分かりませんが、他にも色々展示があったはずなんですよ。
私もせっかくここまで来たので、一応頑張ってみようとはしたんですよ。
しかし!!悪条件が重なりすぎて、これ以上歩き回る気力は残っていませんでした。涙

もうねーほんと広すぎて出口に辿りつくにも一苦労。
フラワーショーを出ても、駅までの徒歩15分…日陰ナシ。
ほんと久々地獄を見た気がしました。

帰宅後、案の定頭痛が…即、イブを服用。
どこまでも残念な私なのでした。

来年こそChelseaの方に行きたいなーーと思います。
Hampton Courtはもういいかな…(軽くトラウマ)
[PR]
by ikucovery | 2010-07-20 05:43 | ロンドン観光

Hampton Court Palace Flower Show 2010 其の壱

f0223337_5255649.jpg

先週は7/9のこと。
ロンドン郊外のHampton Court Palaceまで行ってきました。

目的はフラワーショー。
その名の通り、花と庭の展示会みたいなもの。

本当は5月のChelsea Flower Showに行きたかったんだけど、
残念ながらこちらは世界最大規模のフラワーショーとあって、既にチケット完売だったの!!
という訳で、目をつけたのがこのHampton Court Palaceの方。

いや~チケット半日(15:00~19:30)で£17.50だからね!!
けっこう値が張るんです~。

f0223337_4544256.jpg

お天気は快晴。
気温は恐らく30℃超だと思われました…涙涙

なのに私ったらなめてて、完全無防備。
日焼け止め顔のみ。帽子なし。もちろん日傘なし。

結果…暑すぎて死亡。

もう駅についた途端、こりゃ即死だなって確信したもんねーー!!!
でも£17.50を無駄にする勇気もないので、ここは意を決して行きましたよ…涙

駅から徒歩15分くらい。
その間ほぼ日陰ナシ。
そしてやる気もだんだん失せていくのだった。
f0223337_551380.jpg

まず入ってすぐはsmall gardenコーナー。
上記写真のお庭、めっちゃ日本風じゃん!と思ったら、案の上…
f0223337_5751.jpg

我らがジャパニーズの作品でした。
おまけにタイトルが「金比羅サン」???(そもそもサンって山のこと?浅学で失敬。)
何が「金比羅サン」か生粋のジャパニーズでもよく分からないよね~なお庭。
でも同じジャパニーズが頑張ってくれてるのは嬉しい限りですね!!はい。

さー次行こっか。
f0223337_5151235.jpg

これはねー若干怖いガーデンなんですよ。(↑)
真ん中にボックスがあるでしょ。
よく見えないと思うけど、実はあの中に子供と思われる人形がいるんです…

薄気味悪いでしょーー!!!
最初自分の目を疑ったもん。
要は棺みたいな感じ!?
お墓なのか何なのか…意味不明だよね~なお庭。
f0223337_5204911.jpg

f0223337_5224863.jpg

ここら辺は普通っちゃー普通。(↑)
面白味がないといえばそれまでだよね…みたいな。(ど素人のくせに失礼。)
f0223337_535518.jpg

ここはかなり衝撃的だった!!
庭は何てことない庭なんです。(ど素人の失言をお許しください。)
ただ写真の中央茶のソファ注目してもらえます?

ズームイン!
f0223337_5372031.jpg

な、なんと!リアル赤ちゃんですよ!!!
最初は「ちっ、また人形がいるよ」って思ったもんね。

そしたら動く動く!!
日陰とはいえ、こんな炎天下の中かわいそうに…

みんな庭はもとよりベイビーに大注目でした。
人を引き寄せる意味では大成功だったかもね。

長くなるので其の弐へ続く…次回はお花編♪
[PR]
by ikucovery | 2010-07-14 05:49 | ロンドン観光

Queen Mary's Gardens

f0223337_18375130.jpg

こんにちは。

相変わらず咽喉痛が酷いんですが、ピークは越したようです。
ほんと何を差し置いても、健康第一ですね。

さて、まだ比較的元気だった先週金曜日のこと。
Regent's Park内にあるバラが綺麗と噂のQueen Mary's Gardensに行ってきました。

f0223337_1857438.jpg

バラは6月に咲き始めるらしいです。
どうりで、家の近所でもよくバラを見かけるわけだね。
日本じゃあんまりバラを育てている家見ないから季節感ゼロだったんだよね。

f0223337_1902628.jpg
f0223337_1915862.jpg

f0223337_19234975.jpg

まだまだ満開ではありませんでしたが、色とりどりのバラがいっぱい!!!
ちょっと大興奮ですよ。

バラって実は沢山種類があるんですね。
花の形も違うし、葉の色合いも違うし、高さも違うし…ほんと色々。
どのバラもいい匂いで、上品で、やっぱりお花のQueenだよね。

f0223337_195438.jpg

f0223337_1953126.jpg

この色がワタクシ一番のお気に入り。
微妙なグラデーションがたまらん。
このピンクはなかなか見ないよね。
夕日にあたって美しさ100倍!!

f0223337_19132575.jpg

ガーデン内には運河が流れ、枝垂れ木があり情緒たっぷり。

f0223337_19144139.jpg

バラガーデンのサークル。
ここ、すっごい可愛かった。
まさにこれこそLovely!!

f0223337_1920042.jpg

サークルのベンチで一人読書をする女性。
かっこよすぎる!!と思わず写真を隠し撮り(?)。
憧れる~!!

まだ満開じゃなかったので、もう少したったらもう1回行ってみようかなーと思います。
ここほんと素敵な所でおススメです。(バラの季節限定だけど…)
ロンドンで好きな場所がまた一つ増えました。
[PR]
by ikucovery | 2010-06-09 19:37 | ロンドン観光

Kenwood House

f0223337_1283149.jpg

あ、暑い……汗汗。。。

何ですか、これ?
いきなり夏ですか??

TVの天気予報によると、本日、ロンドン今年一番の暑さを観測してるとか…。
おかげで私は帽子を被っていたにもかかわらず、頭が若干痛いです。
とことん太陽光に弱い女で困っちゃいますね。

さて。
来週、ついに引っ越しなので、今の家の近くにあるKenwood Houseに行ってきました!!
ここは前にJALの機内誌に掲載されてて、すっごい気になってた所。

わたくし、大昔に観たため、あまり…いや全然記憶にないんですが、
ここ、あの「ノッティングヒルの恋人」のロケ地なんですって。
知ってる!?

私は残念ながら映画の記憶が全くないため、そこはスルーなんですが、
Kenwood Houseにはけっこう良い絵画が収蔵されてるんですよ!!
私の大好きフェルメールさんの名画があるんですよ!うひょーー!!!

そしてここも入場料タダ!!
なんて嬉しい計らいでしょう…涙。

中はね、そうねぇ…ヴェルサイユ宮殿を100分の1くらいミニマムにした感じでしょうか。(大嘘)
もちろんあそこまで豪華絢爛じゃないけど、イメージ的にはあんな感じ。

絵も思ってたより沢山展示されてました。
ポートレイトや風景画が多い印象を受けたな。
絵だけじゃなくて、家具とか天井とかも美しい。

そしてお目当てフェルメールの「ギター弾き」!!!
これだけはじっくり鑑賞。

やっぱりギター弾いてても、女の子がかわいいよね。
生き生きしてるよね。

結論…フェルメールの描く女性大好きです!!
薄ーい感想で恐縮です。

そして、オランダに行きたくなりました。
近いんだけどねーーいつ行けるでしょうか。

++++++++++++++

さて、このKenwood Houseなんだけど、Hampstead Heathという広大な公園の中にあります。
公園っていうより森みたいなところで、私はトトロを思い出しました。

f0223337_27551.jpg

こんな感じで人々は日向ぼっこ。
男性は上半身裸、女性もキャミや短パン、中には水着というツワモノも。

そんなに日差しを浴びるのは気持ちいいんでしょうか?
皮膚がんとか、しみとか、そばかすとか気にならないんでしょうか??

私なんて暑苦しいジーンズに紺の七分丈カットソーに帽子と完全防備で外出したのに、
この差は何なんでしょうか!?

おまけに、あまりの強い日差しに七分丈を着てきたことすら非常に後悔したのに、
この意識の差は何なんでしょうか!?

f0223337_218156.jpg

中には私と同じ考えなんだろう、木陰でのんびりしてる人もいるんですけどね。
この木かわいい。

f0223337_2222855.jpg

木陰は涼しくて気持ちいいんです。

f0223337_2282043.jpg

f0223337_2285541.jpg

f0223337_2322194.jpg

f0223337_2333213.jpg

f0223337_2354180.jpg

f0223337_375323.jpg

f0223337_301440.jpg

みんなが日向ぼっこしてる中、ひたすら熱心に花を撮りまくった人がここに一人……

だって好きなんだもん、花!!!
すっごい色とりどりでワクワクするだもん!!!
ただの自己満足です、お許しください…。

藤も小ぶりだけどありました!
もっとすっごい規模の大きい藤がバスでの道中にあるんだけどねーー

f0223337_3141280.jpg

f0223337_3144074.jpg

粋なトンネルにベンチ。
とことんオシャレだわ!!

ほんとピクニックに来ている人沢山で、イギリス人の休日の過ごし方が垣間見れた気がします。
みんな本当に太陽大好きだね!
私とは正反対だね!!あはっ!

帰りはバスで10分のところ、徒歩45分でとぼとぼ帰るという大胆な試みを。
うーーん、いい運動でした!

その結果、若干の頭痛がしますが……
そしてやっぱり日焼けが心配です。涙。
[PR]
by ikucovery | 2010-05-24 03:27 | ロンドン観光

大英博物館をぶーらぶら

f0223337_18521460.jpg

こんにちは!!

ロンドン、今日も良いお天気。
気温は25℃くらいまであがるとか。
ようやくコートいらずで、嬉しいです。

さてさて、昨日学校帰りにふらっと大英博物館に行ってきました!!
木・金は夜20時くらいまでやってるので、帰っても暇だし、散歩がてら行ってみることに。

f0223337_1855208.jpg

ロゴがかわいいーー!!
建物は重厚なんですけど、ロゴとか館内案内図とかは何だかモダンでオシャレ。
こういう調和がロンドン素晴らしいと思う。

f0223337_18584645.jpg

f0223337_190679.jpg

f0223337_1911655.jpg

f0223337_193175.jpg

グレートコートです。
あまりにキレイで見とれてしまい、写真たくさん撮ってしまった。
この間もお話しましたが、これもノーマン・フォスターさんのデザインです。

正直中の展示物より、このグレートコートのほうに興味深々な私。
ほんとにここの天井は美しい!!
日が射してたからなおさらです。

ここはとにかく広いうえ、私あんまりここの展示物に興味ないんです。(致命的…汗)
なので、エジプト系(?)の展示物だけシューティング!!
他にもアフリカやチャイナやコリアやらいっぱいあるんですよ。
でも入場料タダなんで、とりあえず昨日はエジプト系オンリーで。

f0223337_1914667.jpg

有名なロゼッタストーン。
私にはただの石以外のなんでもありませんが、歴史上、有名みたいで、人だかり。

f0223337_19163662.jpg

パーーンチ!!な一枚。
いや、絶対意味合い違うよね。

f0223337_191729100.jpg

ふくろうでしょうか!?
目玉が片方潰れてて、ちょっと怖いよね?な一枚。

f0223337_19185083.jpg

黒っぽいつるつる石が美しい。
象形文字でしょうか?…いや、違うかな。
知識ゼロですみません。

f0223337_19204967.jpg

アンコールワットを思いだしました!な1枚。
アンコールワットにも、似たような壁画が沢山あったな。
内容は絶対違うはずだけど。

f0223337_1925224.jpg

f0223337_19255180.jpg

とにかく写真だけはいっぱい撮ってきました。
興味も知識もないので、何にも説明できませんが、(誰も求めてないと思うけど)
歴史大好き人間にはすごい面白い場所には違いありません。

昨日、久々の来訪でしたが、やはり私、博物館に興味がないんだなーと改めて実感した次第です。
建物は好きなんですけどねーー

ただ、ここはタダなので(ダジャレじゃないよ!)、暇つぶしにはいいかなと思う。
今度はチャイナ攻めようかな。

では☆
[PR]
by ikucovery | 2010-05-21 19:39 | ロンドン観光

Tate ModernへGo!!

f0223337_6281594.jpg

みなさん、こんにちは!!
ロンドン7日目、ようやく本日携帯をGETしました!!

携帯の件も話せば、長くなるのですが、(いや、そんな大したことじゃないけど)
最終的にどうでもよくなり、どうでもいい機種を購入。
まさかのパープルだし、愛着ゼロです。

持ってきた日本の携帯を見ては、「しょぼいなーー」と感じています。
でもまぁ日本にいるときほど、需要がないのは確実なので、よしとします。

それはさておき、携帯をGET後、Tate Modernに行ってきました♪(上記写真)

f0223337_6364255.jpg

セントポール大聖堂側からミレニアムブリッジを渡って向かいました。
遠くにタワーブリッジが見えます。

約1年半ぶりの来館。
ロンドンで好きな場所のひとつ。
現代アートの宝庫です。

足を踏み入れると、見覚えのある絵もちらほら。
けっこう頭に残っているもんだなーーとしみじみ。

写真や映像やオブジェなども沢山あるし、もちろん巨匠の絵もあります。
ミロ、ピカソ、マティス…モネの睡蓮やモディリアーニetc。
これだけ見れて入場料無料なので、イギリス最高です!!!

実は先日National Galleryにも行ってきたのですが、ここもFreeなのをいいことに、
好きな印象派だけさくっと見て帰ってきました。
癒されました~!!うーーーん贅沢!!!

f0223337_654143.jpg

↑これ募金箱なんですが、オシャレでしょ。
ついつい寄付したくなるよね。
今回は地味にどうにも使えない1ペンスだけ寄付しておきました。
貧乏でごめんなさい。

f0223337_70645.jpg

対岸から見たセントポール大聖堂。

f0223337_731525.jpg

写真左奥に見える球体?の建物…ノーマン・フォスター建築の30 St.Mary Axeっていうんだって。
変ってるよね。近くて見てみたい。

ちなみにミレニアムブリッジや大英博物館も彼のデザイン。
私、美術館は大好きなんだけど、いまいち博物館には興味が持てない…ということで、
大英博物館は大昔に1回しか行ったことありません。
せっかくFreeなので、近々行ってみようと思います。

ではーー!!
[PR]
by ikucovery | 2010-05-14 07:13 | ロンドン観光