<   2010年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

いよいよ引っ越し

☆象さんコレクション☆
f0223337_1949537.jpg

エントリーno.3 「candy」 ※この子は最初から「candy」と名付けられてます。

f0223337_1951568.jpg

エントリーno.4 「しましまpop!」 なんてどうでしょう?(ネーミングセンスゼロだな…)

++++++++

こんにちは。
ロンドン、久しぶりの雨です。
そして、わたくし本日お引っ越しなんです…はい、何てついてないんでしょうか……。
雨女ではないはずなんですが…何かがおかしいですね。

て言っても、ここはロンドン!!
雨なんて降ったり、止んだりなはずなので、止むのを待つのみ。

っていうか、まだ何にもしてないしね。
引っ越しって言っても、荷物なんてわずかだし、準備も大したことありません。

ただ私は日本人なので「立つ鳥跡を濁さず」…の精神ですよ。
掃除は一般常識程度はしなくてはならないので、ぼちぼち動こうかなと思ってます。

ここの家は場所だけは良かったので、去るのはちょっと寂しいんです。
何と言っても庶民派スーパーまで徒歩2分くらい!!
おかげで、私は毎日Sainsbury'sさんにお世話になりました。
今度の家の近くにSainsbury'sさんがないことだけが残念で仕方ありません。
(無駄使いを避けられるという利点がありますが…)
激安バケット38p…あのクオリティにしては安すぎます。。。はぁぁぁぁ寂しい。

一方で、嫌なところもあったので、やはりパーフェクトな家に出会うのは難しいです。
そう…イギリスでの家探し、なかなか複雑なんですよね。(大して知りませんが…)

でも次回引っ越しの機会があるなら、やっぱりここら辺(北西)に住みたいなーと思います。
なんて言いつつも、住めば都で引っ越し先に居ついてしまうかもしれないし…
こればっかりは住んでみないと何とも言えないですよね。

今のお部屋はあくまで短期だったので、部屋を自由にいじることはできなかったけど、
今度はある程度自由にできるので、イギリスらしい可愛い部屋にしたいなーーと妄想中。

幸い今週末、イギリスはバンクホリデー(?)とやらで3連休なので、
居心地の良い部屋作りに精を出すとします!!

ではそろそろ始動しますかーー
次回は新しいお家からの更新となりますね、はい。
では☆
[PR]
by ikucovery | 2010-05-29 20:38 | ロンドン日常

ロンドンバス事情

f0223337_5443935.jpg

エントリーno.1 「シルバー」 ※注※ 私が勝手に名付けてますので、悪しからず。

f0223337_734943.jpg

エントリーno.2 「すみれ」

+++++++

こんにちは!!

象さんです。
ロンドンは今街中に象がいっぱい。

なぜかは分からないというか、調べてないんですが、かわいいでしょーー!?
ちょっと写真でコレクションしてみようかと思っています。

+++++++

今日はねーーかなりびっくりかつ迷惑だった出来事がございまして、
そのお話でもしてみようかと思います。

いやね、日本ではちょっと考えられないと思うんですよ、これ。

今日は妹とskypeで話しこんでたため、家を出るのが若干遅れたんです。
でもまぁギリ間に合うでしょうって思って、バスに乗ったんです。

けっこうスムーズに進んで、「ギリ間に合うな」と思ってた矢先のこと。
クラクション「ぷーーーーーーーーーーーー」
ipod聞いてたにもかかわらず、めちゃくちゃ聞こえるくらいの大音量!!
まぁね、他の車が割り込んだか何かかなと思い、そのまま座ってたら、
周りの乗客が身を乗り出して、窓の外を見ている……

「えっ?何!?もしかしてバイクとかと接触?」
と内心思いつつも、まさか公共のバスだしね、安全第一だしねとあくまで他人事。

しかし…バスが道の真ん中で立ち往生。
そして、いっこうに動かない…いよいよ嫌な予感。

私は2階に座ってたのですが、2階の乗客がどんどん1階に降りていくんですよ…
「何これ?」って感じじゃない!?

運転手はアナウンスで「降りろ」とも「事故おこした」何にも言わないんですよ。
この時点でありえないと思うんですけど、もうみんな降りて行くので、
仕方なく私もみんなの後を追うことに。。。

バスストップでもない中途半端な場所で降ろされ、現場を見てみると、どうやら車と接触した模様。
女の人が怖い顔で壊れた車の部品であろう物を持って、車の周りをうろつきながらTELしてた。

公共のバスがこんな糸も簡単に事故るのも驚きですが、それよりも、
何も説明もなく、バスストップでもない場所に降ろされることに驚愕!!
ありえん、日本じゃありえません…

もちろん運転手から謝罪なんてものもなく、我々乗客は次のバスストップまでただ歩くのみ。
幸いそんな遠くじゃなかったので、よかったんですが、
問題は次のバスに乗る時の料金はどうなるのかですよ!

だって事故った運転手からは何ももらってないし、でもみんなは次々降りて行くでしょ?
まさかの二重払い!?ってことになるでしょ。
冗談じゃないよーーー!!!って思うじゃん!

たかが£1.2だけど、でも嫌なものは嫌なんです!!
£1.2あったら、コーラ買えますよ!

でもみんな特に手続きをしてたようには見えない…
今日はなんてついてないんだ…っと思った矢先、
後ろのドア(通常、乗車は前からです)が空いてて、数人が後ろから乗ってるのを目撃。

だよね?だよねーー??
もう既に料金払ってるもんねー二重払いなんて冗談じゃないよねーー!?
と、私もちょっとびくびくしながら、後ろから乗車し、何事もなかったように着席。

運転手にバレやしないかひやひやでしたが、バレたらバレたで
「前乗ったバスが事故ってて、乗換えただけ。もう支払ってるから~」
って言えばいいんですけどね。

運よく(?)何も言われなかったので、二重払いは避けられました。
はぁ…良かった。

実はですね、前にも似たようなケースがありまして、(事故じゃないよ!)
こっちのバスって、乗る時は行き先が「○○駅」だったのに、
乗車中にいきなり「××駅」とかに変わるんですよ。
酷い話よね、全く。

これは予測不可能なので、こういうバスに乗ってしまった場合、
不運としかいいようがないんですよね。

この場合も道半ばで降ろされる訳で、(幸いバスストップで降ろされますが…汗)
その時は来たばっかり事情がよく分かってなかったので、
自動的に免除になるのかなーーとか思いつつ、(今思えばありえない…)
普通にoyster(日本で言うsuicaとかpasmo)を改札にかざしてたんです。

でも、このケース2回目に遭遇した際、ワタクシ気付いてしまいました…
(みなさんお気づきでしょうが)普通に料金引かれてることを………涙。

つまり料金の二重払いをしてた訳ですよ!! 怒
明らかにバス側の勝手じゃんねーーもう意味分からん!! 怒怒

でもね、本当に他の乗客の皆さんが何かの手続きをしているようには見えないんだわ…
もうこういうバスに当たらないことを、毎日お願いするしかないんでしょうか?
ほんと教えて欲しい。

バス事情がこれから先すぐに改善されるとはとても思えないため、
二重払いを避けたいケチな私は、本日ついにバスパスをゲット致しました☆

バスパスとは名前の通り、バス乗り放題定期!!
結構高いんだけど、週5往復は絶対バス乗るし、土日もちょくちょく出かけるし、
急な行き先変更による二重払いも避けられるし、買うに値すると踏みました。

これでバスに何が起きても、余計な料金を払わないで済む…ひと安心です。
ロンドンのバス、見かけは可愛いですが、けっこう曲者です。
皆さん、ご用心あれ。

ちなみに余談ですが、このバス事故のせいで本日大遅刻。
でも先生も含め、だーーれも私の遅刻なんて眼中ナシの様子で、普通に授業に入っていけました。
素晴らしいですね、この感じ。

先週、観光客で賑わうOxford Street(日本でいう渋谷界隈かな)を「遅刻なんてしてはいけない!!」と必死に駆け抜けたことを思いだし、愚かだったなと…しみじみ。

今度遅刻しそうになっても、無理はしない…人間何事も学習ですね。
では☆
[PR]
by ikucovery | 2010-05-27 07:06 | ロンドン日常

Kenwood House

f0223337_1283149.jpg

あ、暑い……汗汗。。。

何ですか、これ?
いきなり夏ですか??

TVの天気予報によると、本日、ロンドン今年一番の暑さを観測してるとか…。
おかげで私は帽子を被っていたにもかかわらず、頭が若干痛いです。
とことん太陽光に弱い女で困っちゃいますね。

さて。
来週、ついに引っ越しなので、今の家の近くにあるKenwood Houseに行ってきました!!
ここは前にJALの機内誌に掲載されてて、すっごい気になってた所。

わたくし、大昔に観たため、あまり…いや全然記憶にないんですが、
ここ、あの「ノッティングヒルの恋人」のロケ地なんですって。
知ってる!?

私は残念ながら映画の記憶が全くないため、そこはスルーなんですが、
Kenwood Houseにはけっこう良い絵画が収蔵されてるんですよ!!
私の大好きフェルメールさんの名画があるんですよ!うひょーー!!!

そしてここも入場料タダ!!
なんて嬉しい計らいでしょう…涙。

中はね、そうねぇ…ヴェルサイユ宮殿を100分の1くらいミニマムにした感じでしょうか。(大嘘)
もちろんあそこまで豪華絢爛じゃないけど、イメージ的にはあんな感じ。

絵も思ってたより沢山展示されてました。
ポートレイトや風景画が多い印象を受けたな。
絵だけじゃなくて、家具とか天井とかも美しい。

そしてお目当てフェルメールの「ギター弾き」!!!
これだけはじっくり鑑賞。

やっぱりギター弾いてても、女の子がかわいいよね。
生き生きしてるよね。

結論…フェルメールの描く女性大好きです!!
薄ーい感想で恐縮です。

そして、オランダに行きたくなりました。
近いんだけどねーーいつ行けるでしょうか。

++++++++++++++

さて、このKenwood Houseなんだけど、Hampstead Heathという広大な公園の中にあります。
公園っていうより森みたいなところで、私はトトロを思い出しました。

f0223337_27551.jpg

こんな感じで人々は日向ぼっこ。
男性は上半身裸、女性もキャミや短パン、中には水着というツワモノも。

そんなに日差しを浴びるのは気持ちいいんでしょうか?
皮膚がんとか、しみとか、そばかすとか気にならないんでしょうか??

私なんて暑苦しいジーンズに紺の七分丈カットソーに帽子と完全防備で外出したのに、
この差は何なんでしょうか!?

おまけに、あまりの強い日差しに七分丈を着てきたことすら非常に後悔したのに、
この意識の差は何なんでしょうか!?

f0223337_218156.jpg

中には私と同じ考えなんだろう、木陰でのんびりしてる人もいるんですけどね。
この木かわいい。

f0223337_2222855.jpg

木陰は涼しくて気持ちいいんです。

f0223337_2282043.jpg

f0223337_2285541.jpg

f0223337_2322194.jpg

f0223337_2333213.jpg

f0223337_2354180.jpg

f0223337_375323.jpg

f0223337_301440.jpg

みんなが日向ぼっこしてる中、ひたすら熱心に花を撮りまくった人がここに一人……

だって好きなんだもん、花!!!
すっごい色とりどりでワクワクするだもん!!!
ただの自己満足です、お許しください…。

藤も小ぶりだけどありました!
もっとすっごい規模の大きい藤がバスでの道中にあるんだけどねーー

f0223337_3141280.jpg

f0223337_3144074.jpg

粋なトンネルにベンチ。
とことんオシャレだわ!!

ほんとピクニックに来ている人沢山で、イギリス人の休日の過ごし方が垣間見れた気がします。
みんな本当に太陽大好きだね!
私とは正反対だね!!あはっ!

帰りはバスで10分のところ、徒歩45分でとぼとぼ帰るという大胆な試みを。
うーーん、いい運動でした!

その結果、若干の頭痛がしますが……
そしてやっぱり日焼けが心配です。涙。
[PR]
by ikucovery | 2010-05-24 03:27 | ロンドン観光

花は心のビタミンです。

f0223337_124596.jpg

f0223337_130173.jpg

花盛り~!!
ほんと日本では見ないお花が沢山見られるロンドン。
花見てるだけで、ウキウキする!!
この時期に渡英してよかったなーー♪

まだ写真撮れてないんだけど、藤も本当にきれい!!
日本の藤とは全く違う趣で、色もちょっと違うように見える……
いっつもバスの中からしか見ないので、あれなんですが、咲いているうちに写真撮りたい!!

f0223337_1413946.jpg

f0223337_142109.jpg

これ何ていう名前の花でしょうか。。。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

毎日色々あったり、なかったり…なんですが、ロンドン来てはや2週間です!!
本当に早いねーーー

こうやってあっという間に帰国なんでしょうね。
時間を大事にしなくちゃいけません。

と言いつつも、日々全然忙しく動いてません。
超スローライフ満喫中。
もともとアクティブ人間じゃないので。。。
まぁ逆を言えば、ようやくロンドンで普通の生活を送れてるってことでしょうか!?

f0223337_2325966.jpg

青い空。
緑の木々。
色とりどりの花々。

幸せですね。はい。

締まりがありませんが、今日はこの辺で。
では☆
[PR]
by ikucovery | 2010-05-23 02:19 | ロンドン日常

大英博物館をぶーらぶら

f0223337_18521460.jpg

こんにちは!!

ロンドン、今日も良いお天気。
気温は25℃くらいまであがるとか。
ようやくコートいらずで、嬉しいです。

さてさて、昨日学校帰りにふらっと大英博物館に行ってきました!!
木・金は夜20時くらいまでやってるので、帰っても暇だし、散歩がてら行ってみることに。

f0223337_1855208.jpg

ロゴがかわいいーー!!
建物は重厚なんですけど、ロゴとか館内案内図とかは何だかモダンでオシャレ。
こういう調和がロンドン素晴らしいと思う。

f0223337_18584645.jpg

f0223337_190679.jpg

f0223337_1911655.jpg

f0223337_193175.jpg

グレートコートです。
あまりにキレイで見とれてしまい、写真たくさん撮ってしまった。
この間もお話しましたが、これもノーマン・フォスターさんのデザインです。

正直中の展示物より、このグレートコートのほうに興味深々な私。
ほんとにここの天井は美しい!!
日が射してたからなおさらです。

ここはとにかく広いうえ、私あんまりここの展示物に興味ないんです。(致命的…汗)
なので、エジプト系(?)の展示物だけシューティング!!
他にもアフリカやチャイナやコリアやらいっぱいあるんですよ。
でも入場料タダなんで、とりあえず昨日はエジプト系オンリーで。

f0223337_1914667.jpg

有名なロゼッタストーン。
私にはただの石以外のなんでもありませんが、歴史上、有名みたいで、人だかり。

f0223337_19163662.jpg

パーーンチ!!な一枚。
いや、絶対意味合い違うよね。

f0223337_191729100.jpg

ふくろうでしょうか!?
目玉が片方潰れてて、ちょっと怖いよね?な一枚。

f0223337_19185083.jpg

黒っぽいつるつる石が美しい。
象形文字でしょうか?…いや、違うかな。
知識ゼロですみません。

f0223337_19204967.jpg

アンコールワットを思いだしました!な1枚。
アンコールワットにも、似たような壁画が沢山あったな。
内容は絶対違うはずだけど。

f0223337_1925224.jpg

f0223337_19255180.jpg

とにかく写真だけはいっぱい撮ってきました。
興味も知識もないので、何にも説明できませんが、(誰も求めてないと思うけど)
歴史大好き人間にはすごい面白い場所には違いありません。

昨日、久々の来訪でしたが、やはり私、博物館に興味がないんだなーと改めて実感した次第です。
建物は好きなんですけどねーー

ただ、ここはタダなので(ダジャレじゃないよ!)、暇つぶしにはいいかなと思う。
今度はチャイナ攻めようかな。

では☆
[PR]
by ikucovery | 2010-05-21 19:39 | ロンドン観光

家探し第2弾

f0223337_18422842.jpg

こんにちは!!

今日もロンドン日が射してます。
気温も上昇してまいりました。
ようやく春が来た感じがします。

さて、先日また違う家を見てきました。
もうね…待っても待っても良い条件の家はなかなかないことに気付いたこの1週間だったし、
何せ私の場合、あと2週間で出なきゃなんないでしょ?
焦らなきゃなんないんです!!!

だから、場所的に治安がよく分からん家に行って参りました。
ただZone2で、駅近、住める時期が5月下旬、家賃が私の想定内ということで、
他の条件はどんぴしゃな案件…でもね、前の一件があるので、まず中見ないとね。

駅に着いたら、大家さんが迎えに来てくれるとのことで、さっそくTEL。
この大家さんも電話では話もスムーズに進み、良い人そう。

で待つこと数分、大家さん現れる!!
おぉ!!良い人そう。。。(そればっか)
同じアジア系ということで、ちょっとした安心感。

家は駅から徒歩数分ってとこで、上記写真のような家が並ぶ閑静な住宅街。
着いたお家は3階建のお家。

まぁ外見はイギリスどこも古いので、気にしません。
で、問題の中ですよ、中!!

前見た家より断然キレイ!!!
キッチン広いし、きれいに使われてる。(潔癖にはここ重要。)
なんとコンロ4口×2ありました。

おまけに冷蔵庫巨大なの3つ4つ?!…忘れた。
冷凍庫もちゃんと割り当ててくれるらしいし、助かるねーーー

庭もちゃんとあり、天気いい日は気持良さそう。

そして2階へあがり、バスルームチェック。(潔癖には最重要部分。)
なんと2つのバスルーム完備。

そして、肝心の清潔度合い…
うんキレイ。合格なバスルーム。

あぁいい!いい!!
ここいいよ!!!と胸が高鳴る。

そして3階のお部屋へ。
現在日本人の方が使用されてるらしく、まだ帰宅されてなかったので、
大家さん「ほんとはこんなことしないんだけど…」とためらいながら、を開ける。

そう、ちょっと強調してみましたが、ここ個人の部屋に鍵付きなんです!!

これ重要だよね?
今のフラット鍵ついてないんだけど、やっぱりちょっと…いやかなり不安だもん。
だって普段会っても挨拶くらいしかしないし、(そもそもあまり顔会わせない)所詮赤の他人だし。
鍵付きはポイント高し。

それで、お部屋なんですが、おぉ!!感動のフローリング!!!
キターーーーーーーーーー!!!!!!!

こっちの家ってけっこうカーペットが多いらしいんです。
でもカーペットってなんか不衛生な感じがしません??
フローリング、かなりポイント高し。

お部屋自体こじんまりしてたけど、
窓あり、TV付、収納たっぷり、ワイヤレスインターネット完備と問題ナシ。
ここなら落ち着けそうです。

しかし!忘れてはならないのは治安ですよ!治安!!
大家さんに聞いてみると「とても安全」との回答。
そりゃそう言うよね。

さらに偶然帰宅された日本人の方にも日本語で質問。
その方も「私は特に危険を感じたことはないです。そんなに遅くならなければ大丈夫。」とのこと。

日本人が言うなら大丈夫かなぁ…と思い、大家さんには「とても気に入りました。」と伝える。
ここに決めてもいいかなーーと思ったんだけど、ここの大家さんほんと良い人で、
「まずこの辺歩いてみて、どんな感じか見てみたら?」とおっしゃってくれました。

確かにここで決めるのも時期尚早なので、そうすることに。
「また連絡します。」とお伝えして、終了。

f0223337_19413184.jpg

歩いて見た感じ…ほんと閑静な住宅街以外の何物でもありません。
少し歩くと、(10分弱くらい!?)賑やかな通りに出て、
銀行やら、バスストップやら、店が並んでました。
見つからなかったけど、安いスーパーもあるらしい。

よく分からないので、自分の勘を頼るしかないのですが、ここ、大丈夫そうです。
そりゃね、お金に糸目をつけなければいくらでも良い所に住めるわけです。
でも予算っていうのがある限り、何か妥協しなければ家なんて決まりません。

部屋は良。
大家さん良。
治安、個人的には良。
周りに店がないのは残念だけど、ここは妥協。
交通の便、駅近だけど、バスストップまで若干遠目…ここも妥協。

こんな状況です。
で、最終的に翌日大家さんから連絡が入り、
「今日他にも部屋を見たい人がいるんだけど、どうする?」とのこと。

ここを逃すのはとても惜しかったので、
「deposit(敷金)払うので、部屋取っておいてください。」と連絡。

そんなわけで、このお家に住むこと決定!!

早いもの勝ちだからね。
deposit支払って、鍵もらって、何だか一安心です。
荷物も少しづつ運んでいいって言ってくれたし、
とてつもなく重たい荷物を持つ私の肩の荷が下りました。

大家さん、私が住むかどうかわからなかったせいか、部屋の内見のアポを入れてたんだって。
「部屋、もうなくなってしまったって連絡しなきゃーー」とおっしゃってました。

100点満点の環境じゃないけど、ある程度の妥協も大事。
実際住んでみたら、また問題がでてくるのかもしれませんが、そしたらその時また考えます。

とにかく家決まって万歳!!!
友達皆無で一人での家探しでしたが、何とかなるものです。
よかった!!
[PR]
by ikucovery | 2010-05-19 20:08 | 家探し

家探し第1弾

f0223337_18273990.jpg

こんにちは。
先日、1件お部屋を見に行ってきました。

場所はロンドンでも高級住宅地らしく、周りには店やレストランがいっぱい。
バスで街を通りすぎたのですが、すぐ気に入り、「ここに住みたい!!」と胸が高鳴りました。

もうちょっと迷うかなと思ったけど、全然迷うことなくあっさり目的のストリートに。
ここで大家さんに電話し、無事落ちあう。
電話でもめちゃくちゃ良い人だったけど、実際会っても良い人そう!!!

さて問題の家なんですが、上記写真のようなハウスをシェアする感じで、2階のお部屋。
期待してたんですが、結果…部屋は微妙。。。

私、若干潔癖なところがあって、基本汚いのNGなんです。
今現在、そのお部屋を使用されてる方がいるので、その方の性格にもよるとは思うんだけど、
何だかこ汚い感じで、殺風景。

部屋はそこそこ広いし、テレビあるし、一人用ソファみたいなのもあったし、
悪くないと思うだけど、全く惹かれない………汗

バスルーム・キッチン・トイレも見ましたが、やっぱりきれいなようでこ汚い。
建物が古いから仕方ないことかもしれないんだけどね!?

裏には庭があり、そこから見る風景は最高!!!
あーーーー惜しいな!!

おまけにここに住めるのが6/19からなんだって。
私5月末には今のフラット出なきゃなんないから、ここに決めたら決めたで面倒臭いじゃん?

その話を大家さんにしたら、
「荷物はここに持ってきていいから、安いホステルにそれまで泊まることできないか?」
と提案されました。

いやね、出来ないことはないですよ。
この場所はすっごく魅力的だし、家賃信じられないほど安いんですよ!!
家賃の安さに負けそうになったけど、まだ1件しか見てないし、
やはり6/19まで住めないというのが引っ掛かり、考えさせてほしいということで、終了。

大家さん、最後には「上に空いてる部屋があるから、何なら6/19までそこに住んでいいよ。」
とまで言ってくれたんですが、(ほんと良い人ですよね)使っていない部屋だから、
すごい汚そうだし(潔癖って損ですね…)、そこまでしてもらうのも気が引けたので、
「他の部屋も見て、やっぱり住みたかったらまた電話します。」ということにしました。

f0223337_18553069.jpg

めちゃくちゃ場所がいいだけに、残念だったんですが、
部屋って唯一リラックスできるスペースだし、まだ妥協する段階じゃないし、
もうちょっと色々見てみることにします。

f0223337_18572376.jpg

ほんと高台にあって、nice viewなんです。
東京の代官山とまで言われてるらしいですよ。

なかなか地域の治安が分からんので、家探しも足踏み状態なんですが、
あと2週間なので、本気出して頑張ります!!

では☆
[PR]
by ikucovery | 2010-05-17 18:37 | 家探し

大事なのはAim Highです。

f0223337_9215054.jpg

比較的お天気良好なロンドンです。

こんにちは。
ロンドンに来て、1週間たちました!!
あっというまで、びっくりな今日この頃です。
相変わらずフラット決まらず、友達皆無ですが、何とか生きてます。

そんな最悪な状況ですが、今日はロンドン在住の日本人の方に遊んでもらいました!!
ショッピングセンターに行って、ランチして、お家にお邪魔して、
なんとディナー&ワイン(二人で2本空けました!!)までご馳走になってしまいました!

ほんと感謝感激雨嵐!!!!!!

孤独な身に優しさが染みまくりました。
ロンドン、今のところ私の周りは良い人だらけです…涙涙涙。

この方の旦那さんが、イギリス人だったので、いっぱい英語話せたし、
何より良い話を聞けて、自信がつきました。

そう、大事なのは「Aim High」なんです。
今日一番印象に残った言葉です。

私が英語が上手く話せないから、自信が持てない云々相談すると、
「君の英語は十分伝わるよ!!自信を持て!!」と何度も言ってくれました。

仕事についても、英語が上手に話せないから日本食レストランとかで働くしかない云々言うと、
「日本でのキャリアを生かせ!駄目もとでapplyしないと!Why not ? Aim Highだよ!」

確かに私は色々怖がりすぎなのかもしれません。
今日初めて、英語でテレフォンに挑戦したんですが、これが意外と通じたんです。
何とも言えない達成感。

いやね、分かっちゃいるんです。
でも気持ちと行動がどうしても裏腹になってしまうことってあるでしょ!?!?
(例)電話かけなきゃ→でも怖い→停滞→悶々とする→落ち込む→電話かけなきゃ…のサイクル。
結局、拒絶せれることを怖がっていては、何も始まらないんです。

色々話して(伝えたいことの30%くらいしか伝えられませんでしたが…汗)、
ちょっとすっきりしました。

明日は1件、フラットのviewingに行ってきます。
場所はとてもsafeでlovelyらしいので、期待大。
ただ、住める時期が来月中旬と微妙なんですがね。
勉強がてら、行って参ります。
[PR]
by ikucovery | 2010-05-15 09:36 | ロンドン日常

Tate ModernへGo!!

f0223337_6281594.jpg

みなさん、こんにちは!!
ロンドン7日目、ようやく本日携帯をGETしました!!

携帯の件も話せば、長くなるのですが、(いや、そんな大したことじゃないけど)
最終的にどうでもよくなり、どうでもいい機種を購入。
まさかのパープルだし、愛着ゼロです。

持ってきた日本の携帯を見ては、「しょぼいなーー」と感じています。
でもまぁ日本にいるときほど、需要がないのは確実なので、よしとします。

それはさておき、携帯をGET後、Tate Modernに行ってきました♪(上記写真)

f0223337_6364255.jpg

セントポール大聖堂側からミレニアムブリッジを渡って向かいました。
遠くにタワーブリッジが見えます。

約1年半ぶりの来館。
ロンドンで好きな場所のひとつ。
現代アートの宝庫です。

足を踏み入れると、見覚えのある絵もちらほら。
けっこう頭に残っているもんだなーーとしみじみ。

写真や映像やオブジェなども沢山あるし、もちろん巨匠の絵もあります。
ミロ、ピカソ、マティス…モネの睡蓮やモディリアーニetc。
これだけ見れて入場料無料なので、イギリス最高です!!!

実は先日National Galleryにも行ってきたのですが、ここもFreeなのをいいことに、
好きな印象派だけさくっと見て帰ってきました。
癒されました~!!うーーーん贅沢!!!

f0223337_654143.jpg

↑これ募金箱なんですが、オシャレでしょ。
ついつい寄付したくなるよね。
今回は地味にどうにも使えない1ペンスだけ寄付しておきました。
貧乏でごめんなさい。

f0223337_70645.jpg

対岸から見たセントポール大聖堂。

f0223337_731525.jpg

写真左奥に見える球体?の建物…ノーマン・フォスター建築の30 St.Mary Axeっていうんだって。
変ってるよね。近くて見てみたい。

ちなみにミレニアムブリッジや大英博物館も彼のデザイン。
私、美術館は大好きなんだけど、いまいち博物館には興味が持てない…ということで、
大英博物館は大昔に1回しか行ったことありません。
せっかくFreeなので、近々行ってみようと思います。

ではーー!!
[PR]
by ikucovery | 2010-05-14 07:13 | ロンドン観光

学校見学

f0223337_163354.jpg

昨日は寒い中、お目当ての学校を見にセンターまで行ってきました。
日本で色々学校見てたんだけど、speakingに重点を置いた学校ということで、
一番気になってる学校。

噂では賛否両論なんだけど、文法はいいから、とにかく話せるようになりたい!!という私にはいいんじゃないかと思うわけです。

地図も持たず、だいだいの位置を頭に入れて歩いてたんだけど、
なかなかお目当ての学校が現れず、若干焦る。

でもしばらく進むとあったーーー!!

古めかしいビル。
レセプションには日本人いる!!
ラッキー☆

フレンドリーの欠片もないお姉さんでしたが、やはり日本語で話せるのはありがたい。
申込みたい旨伝えると、即、申込書みたいなのを書かされ、

お姉さん「テストが12時半からあるから、受けて下さい。」

ちなみに私が学校に着いたのは12時過ぎ。
話が早すぎでしょ!?!?

よく分からないまま、12時半からテスト開始。
全部で10人くらいテストを受ける人がいたんだけど、アジア人は私だけだったな。

点呼の時、国籍を聞いているとチャド(!)とかイランとかトルコとかヨーロッパ系の人々。
すっごい多国籍。

それから私を含め4人が別室に移され、レベルテストを受ける。
質問はいたって簡単なんだけど、スピード&センテンスで話すことが重要みたいで、

先生(鉛筆もって)「Is this a pencil?」
生徒「Yes,this is a pensil.」

ここを「Yes.」だけで終わらすんじゃなくて、
上記みたいにセンテンスを全部言わなきゃなんないの。
私は3番目だったから、最初の2人の様子を見ながら、何となく要領を得てたの。

いよいよ私の番!!
私も前の2人と同じような質問から始まり、まぁ普通に答えてたんだけど、
途中から前者とは違う質問続出!!!

なぜだーーーー!!!!!と思いながら、ひたすら答えていく。
で、ついに意味の分からない質問を言われ、

「Sorry. I can't understand what you said.」で、終了。チーン……

テスト受けていた他の人も「Hard!!」と言ってくれたくらいの、容赦ない質問の嵐でぐったり。
その結果、わたくし幸いにもレベル7段階中、レベル4から始められるらしい。

他のイラン人やフランス人がレベル2。
イタリア人はレベル1ということだったので、私意外といけてたみたい!!
嬉しいねーーー♪♪

肝心の授業が来週からなんだけど、驚くことに、

「金曜日にここに電話して、月曜のレッスンを予約してね!(ニコッ)」とのこと。

すごいよね、このいい加減さ。
電話するの忘れたら、終わりじゃん!!
っていうか、普通そっちから電話するでしょ??
やっぱりこの辺、日本と違うよね。
私、英語で電話するの非常に苦手なんだけど、大丈夫かなーー

とりあえず、なかなか面白そうなので、ここに通ってみようかと思います。
間違いなく、レッスン中、話す機会は多そうなので。
[PR]
by ikucovery | 2010-05-12 16:47 | 語学学校