<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

❤❤魅惑の世界遺産を巡る旅❤❤ in Italy ⑤

「サン・ジミニャーノ歴史地区」
(英名:Historic Centre of San Gimignano)
1990年登録 文化遺産
f0223337_2375843.jpg

すっかり過去の出来事になりつつあるイタリー。
写真を見ながら、既に懐かしさに駆られております。


さてさて、サン・ジミニャーノです!!
何を隠そう、イタリアで一番行きたかった街♡♡♡

いつかな??数年前でしょうか。
TBSの「世界ふしぎ発見!」でこの街を知ってから、興味津々。

シエナ帰りに寄るという、超ギリギリスケジュールの中、
かなり無理して行ってきたけど、行ってきて本当によかった♪

この街は塔が立ち並ぶ「塔の街」。
昔は70以上あったと言われる塔も、今は14塔のみ現存してるそうです。
f0223337_0252067.jpg

お天気悪かったことに加え、到着したのが夕方になってしまったため、
すごく重苦しい雰囲気ですが、これもまたこの街にあってた気がします。
f0223337_0271885.jpg

街自体は小高い丘の上にあり、緩やかな坂道が続いています。
建物の雰囲気はシエナと同じ感じで、華やかさの欠片もありません…。

でもこういう寂れた感じ、悪くありません!
いや、むしろ私は好きです。
f0223337_035110.jpg

f0223337_0361444.jpg
f0223337_0404480.jpg

今は14塔しか残っていないというけれど、この街を歩いていれば、
どこからでも(写真のように)塔が見渡せます。
塔の高さは様々で、そんなに高くはないなという印象。

こちらは(↓)街の中心広場。
にも関わらず、閑散としていますが…それもまた良し。
ちなみに、中心にあるのはかつて井戸だったらしいです。
f0223337_0484356.jpg

f0223337_0511976.jpg


こちらはドゥオーモ。
フィレンツェ、ピサ、シエナのドゥオーモと比べると、何とも言えない地味さ…
残念ながら、時間がなさすぎて中には入っていませんが、
中はどんなだったのか気になるところ。
f0223337_1221184.jpg

ドゥオーモの隣に建つのが、ポポロ宮。(かわいい名前!!)
現在は美術館になってますが、こちらも時間がなかった為、スルーで…涙。
f0223337_1305627.jpg


メイン通りはけっこう賑やかでレストランやお土産屋さんが並んでました。
ほんとはゆっくり見たかったけど、本気で時間がなさすぎてがっくり。
まぁ行けたこと自体、奇跡的なタイムスケジュールだったからね。
(っていうか、もっとしっかりスケジュール管理しようよ、自分…みたいな。)

事前調査では、美味しいジェラート屋があるみたいだったんだよね…。
おまけに白ワインも有名らしいし…あぁ悔しい。。。
f0223337_1394275.jpg


街の城郭の外へでて、周りを見渡せば長閑な、そして豊かな風景が広がります。
霧がかっているのが残念ですが、それでも雄大なトスカーナの景色が見れて感動した。
こういうところで、美味しい物が育っているんですなーー。
f0223337_1465148.jpg

f0223337_147958.jpg
f0223337_1472716.jpg


憧れのサン・ジミニャーノ…行けてよかったけど、
出来ればもっとゆっくりじっくり見たかった!!

というのも、聞いてびっくり!

滞在時間驚愕のわずか30分ですから!!

何やってるんでしょうねぇ…汗。
皆さん、田舎行く際は時間管理は慎重に…って当たり前だよね。
ここは絶対にもう1回リベンジしますよ!!


さて、最後の世界遺産の街はトスカーナ地方から外れますが、
すっごい素敵な街でオススメ度100%です。
そして今回の旅No.1の教会もこの街にありますので、乞うご期待!!

⑥に続く。
[PR]
by ikucovery | 2011-02-22 17:04 | Toscana+α

❤❤魅惑の世界遺産を巡る旅❤❤ in Italy ④

「シエナ歴史地区」
(英名:Historic Centre of Siena)
1995年登録 文化遺産
f0223337_532076.jpg

さて…フィレンツェからのショートトリップ第二弾。
バスで約1時間、シエナへ行ってきました!!

今回ホステルで出会ったコリアンが「シエナはとても良い!」と言っていたので、
すっごい期待してました。

結果…

期待以上に良かったです!!

お天気がイマイチだったけど、曇り空があの街の雰囲気にあってたような気がします。
建物がレンガとも石とも言えないような微妙な色をしてて、いい感じなんですよ。
私好みの道が狭ーーい迷路チックな街で、裏道入ると人っこ一人いません!!
人っこ一人いない細い路地を歩くワクワク感がたまりません。
f0223337_816086.jpg
f0223337_8162672.jpg
f0223337_816448.jpg

どうですか?
独特の雰囲気じゃないですか??

私はこういう感じがたまらなく好きなんですね♡♡
何時間でも歩いていられます。
特に誰もいない、車の通れないような狭い道を見つけると興奮しちゃって、
どんどん進んでしまいます。

f0223337_820646.jpg
f0223337_8202420.jpg

これは印象的だった風景の一つ。
細い路地のある建物の壁にマリア様風の絵が1枚。
日本でいうお地蔵さんみたいな感じなのかな??
f0223337_8204487.jpg

洗濯物も干されてて、ここらへんは下町っぽいよね。
f0223337_8205850.jpg



とはいえ、観光名所ももちろん見てきました。
まずは街の中心、カンポ広場。
f0223337_5503519.jpg

f0223337_5494528.jpg

f0223337_5514717.jpg

f0223337_5525519.jpg

f0223337_7491396.jpg


この広場はちょっと変わっていて、
広場の中心には市庁舎(上の写真)があるのですが、
そこに向かって緩やかなスロープになってるんですね。

この広場…見ての通り、超お地味。

人もまばらで、色的にも何だか寂しい感じの広場ですが、
たまにはこんなのもいいんじゃないんですか!?
豪華絢爛な広場ばっかり見てきた私にとっては逆に新鮮でした!!


こちらはシエナのドゥオーモ。
f0223337_744181.jpg

アップすると…
f0223337_7451630.jpg

f0223337_7482520.jpg

すごく細かいですね~
街の雰囲気に似合わず、なかなかの豪華ぶり。
こりゃ、中がどんなのか気になるー!ってとこです。
そして中に入ってビックリですよ!!

じゃん!!!
f0223337_7524361.jpg

f0223337_7541914.jpg

f0223337_755311.jpg

f0223337_872995.jpg

ちょっと衝撃的とも言える、この完全なる白黒縞模様。
こんな教会初めて見ました。

ピサのドゥオーモも壁は若干縞模様だったけど、シエナのはどこもかしこも縞!!
最初は衝撃的かつ違和感を覚えたけど、すぐ慣れました。

そして、もうひとつの特徴と言える、床の石でできた絵。
色的には、なかなか地味なんですが、けっこう人の表情が豊かで面白い。
私のあまり好まないイタリア絵画っぽくない絵で、お気に入りです。
f0223337_8174.jpg

f0223337_812992.jpg


そしてシエナのドゥオーモが、今回行った教会の中で個人的No.2!!
この縞縞はなかなか見れないYO!!

さて栄えあるNo.1はどこでしょう?

⑤へ続く。
[PR]
by ikucovery | 2011-02-15 23:26 | Toscana+α

❤❤魅惑の世界遺産を巡る旅❤❤ in Italy ③

「ピサのドゥオーモ広場」
(英名:Piazza del Duomo, Pisa)
1987年登録 文化遺産
f0223337_9125664.jpg

フィレンツェからのショートトリップ第一弾。
電車で約1時間ちょっとだったかな?
斜塔で有名な街、ピサへ。

ピサ駅から歩くこと20分~30分。
いきなりこいつがバーーンと登場!!!

f0223337_9204045.jpg


これがかの有名なピサの斜塔!!!
思ってたより、迫力がありました。

f0223337_922502.jpg

そして、本当に傾いていたんだYO!!!
こんな建物、もちろん初めてみたので、ちょっと衝撃を受ける。

しかし、青空に白い塔が映えますね~♡

斜塔に上る気満々だったのですが、ちょっとしたハプニングが私を襲い、
斜塔に上ることができませんでした…涙。
(詳細は割愛させていただきます。)

結果オーライなので、良かったのですが、
ピサまで来て、斜塔に上れなかったのは未だちょっと無念。
何やってるんだがね…。


斜塔が有名なこの広場。
でも、この広場にある建造物全て含めて世界遺産なのです。

まず、こちらがカンポサント(納骨堂)。
この地味な壁の向こうが納骨堂みたいです。
(中には入っていません。)
f0223337_9321286.jpg


こちらはバッティステロ(洗礼堂)。
個人的にはこの建造物かなり好みです。
丸くて、まるで王冠のように美しくありません?
f0223337_9322866.jpg


そして、ドゥオーモ。
斜塔とのコラボがお見事です。
並べて見ると、斜塔の傾き具合がよく分かる。
f0223337_9414968.jpg

f0223337_9443785.jpg

ちなみに余談ですが、広場でウェディングドレスとタキシードを着たカップル1組が…汗。
(上の写真中央部分、参照)
カメラマンを引き連れ、撮影しまくっていました。

アジア系だったので、日本人かと思ったけど、
ちょっと近づいてみると、どうやらコリアンのようでした。
ドレスが真っ白で裾がめちゃひきづっていたので、汚れないのか心配になってしまった。

しかし、フィレンツェには日本人よりコリアンが溢れていたし、
こんなピサにまで来て、記念撮影しているコリアンカップルはいるし、
コリアンは空前のイタリアブームなのでしょうか!?

f0223337_9455793.jpg

ピサのドゥオーモもフィレンツェのドゥオーモに負けず劣らず素晴らしかった!!
中に入って、思わず「わぁ!」と声が出た。
f0223337_9504595.jpg

f0223337_9551147.jpg

f0223337_9564657.jpg

f0223337_9581931.jpg

f0223337_1025537.jpg

写真の羅列で失礼…。
とにかく、全てがアートね。

正面のキリストの絵、然り。
黒と白の縞模様の壁、然り。
天井、然り。
ランプ、然り。

どこをとっても、手を抜いている部分がない。
完璧なアート。

今回、イタリアでいろんな教会を見たけど、3番目くらいに凄かった!!(注:私調べ)
No.1と2はピサのドゥオーモ越えてるからね!!
どれだけ美しいんだか…乞うご期待!!

④へ続く。
[PR]
by ikucovery | 2011-02-12 01:22 | Toscana+α

❤❤魅惑の世界遺産を巡る旅❤❤ in Italy ②

「フィレンツェ歴史地区」 part2 
(英名:Historic Centre of Florence)
1982年登録 文化遺産
f0223337_20233628.jpg

やはり…どう見ても、どこから見ても、いつ見ても美しいこの大聖堂。
溜息ものです。。。

で、やっぱりここのドゥオーモと言えば、『冷静と情熱のあいだ』だよね!
もちろん私もはやった時期に本を読みましたとも!!

そしてもちろん映画ね!
もうこのドゥオーモも見た瞬間、あのテーマ曲が頭の中でエンドレス!!
ついに来たーー!!って感じ!?

そんな訳で(どんな訳?)、もちろんドゥオーモに上るき満々だったのですが、
旅のマストガイドブック「地球の歩き方」にちょっと脅しのような記載が…

クーポラの階段は、上る途中に休む場所がないため、一気に上がらないといけないとか…
常に混んでるから、自分のペースで上れないやら…

この時、既に歩き過ぎ&疲れ過ぎで自分の健脚具合に自信ゼロだった私…
まだ日にちはあるし、ここはお隣の塔に上ることに。(上の写真の右の塔ね。)

お隣の塔は混んでないし、ところどころ休む場所があるし、
最大の売りはドゥオーモと街並の写真が一緒に撮れることらしい。(by 地球の歩き方)


結果…
素晴らしい感動的な景色を見ることが出来ました♡♡♡



ドゥオーモのクーポラより若干低い程度なので、足腰に自信のない人には100%オススメ。

f0223337_20531856.jpg
f0223337_2053406.jpg

一番低い踊り場からドゥオーモを激写。
ちょうど日が暮れかかってる時間帯で空がキレイです。
f0223337_20564849.jpg

ちょうど真ん中あたりが、ヴェッキオ宮ですね。

f0223337_20574570.jpg

赤茶屋根が並んでるこの感じ…ブルージュと似てると思ったけど、
フィレンツェの方が、より規模が大きく、もっと古い感じがします。

f0223337_2121544.jpg

階段途中の小窓からドゥオーモがちらり。

f0223337_2135198.jpg

一番最後の踊り場かな?
大きな鐘が置かれていました。
そういえば、この塔の正式名称は『ジョットの鐘楼』です。

f0223337_2161184.jpg

f0223337_2163013.jpg

あーー今写真で見ても、感激だなーー!!!
どう見ても美しすぎるでしょ?これ。

ドゥオーモとフィレンツェ街並のコラボ、最強のタッグです。
めちゃくちゃ感動して、超強風だったけど、
けっこう長い時間、この頂上に滞在してしまった。

f0223337_21131059.jpg

f0223337_21132960.jpg

f0223337_21135161.jpg

ほんと天井のない美術館とはよく言ったものです。
雲があったため、綺麗な夕暮れとはいかなかったけど、それでも十分美しい。
これが真っ赤な夕焼けとのコラボだったら、どれだけ美しいのだろうと思います。


あぁ…またイタリアに飛びたい!!
最近、そればっかりです。。。I miss Italy !!

③へ続く。
[PR]
by ikucovery | 2011-02-08 12:24 | Toscana+α

❤❤魅惑の世界遺産を巡る旅❤❤ in Italy ①

「フィレンツェ歴史地区」 part1 
(英名:Historic Centre of Florence)
1982年登録 文化遺産
f0223337_5481218.jpg

無事、ロンドンに戻っております。


思っていた以上に楽しすぎました、イタリア。
時間が全然足りなかった。

ロンドン戻って、すぐまたイタリア行きのチケット探してしまいましたし、
今も引き続き探していますし、I miss Italy…です。

今回はフィレンツェを中心に、周辺の世界遺産の小さな街を歩いてきました。
気分はNHKの大好きだった番組「世界ふれあい街歩き」
(この番組を見たことない方、かなりオススメです。)

予想以上に小さな街が素敵だったイタリア。
無理して頑張って、色々周ってみて良かったなぁと心底感じています。

そんな訳で、世界遺産別に記事をUPしたいと思います。
まずは大本命「フィレンツェ歴史地区」からです。

f0223337_22481122.jpg

これがあの有名なサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。
ほんっと圧倒されるくらいキレイな教会。
今までに見たどんな教会より豪華絢爛でした。

これぞイタリア!という雲ひとつない青空の下、白が映えます。
ほんと細かい装飾がお見事。

f0223337_22574112.jpg

f0223337_232016.jpg

毎日、曇り空のロンドンから来た私にとって、フィレンツェの青空は想像以上に眩しかった。
ほんとに久しくこんな青空見てなかったからね。
射すような日光が痛くて、涙がでてきた。
確実に日光に対する目の抵抗力が弱まっている気がします。

f0223337_2312181.jpg

f0223337_23222749.jpg

私、フィレンツェがこんな小路ばっかりの街とはイメージしていませんでした。
石畳で道が狭い…まさに中世の世界。

だけど、すっごい洗練されていて上品。
さすがルネッサンス発祥の街だなと。

f0223337_0371725.jpg

こちらはウフィツィ美術館テラスから見たヴェッキオ宮殿。
f0223337_0493518.jpg

同じくテラスから見たドゥオーモ。
どこから見ても、何を見ても絵になる街です。


さて、肝心のウフィツィ美術館…
混んでるやら何時間待ちやら、いろいろ噂を聞きましたが、
私が入場した4時頃かなぁ…びっくりするくらい空いていました。

あまりに空いてて、どこがエントランスなのか分からないくらいでした。
さすがオフシーズンっていったところでしょうか。。。

私、前にもさんざん書いているのですが、イタリア絵画駄目なんです…。
駄目っていうより、興味がないっていうのが正しいですかね。
キリスト系の絵はどうも好きじゃないんです。

興味がないのはしょうがないとして…
世界的にもあまりに有名な美術館で教科書に載っているような絵が見られるので、
ここだけは行こうと決めました!!


結果…やっぱり興味は持てませんでしたが、
ルネサンス時代の超有名な絵が見られて、ちょっとばかし感無量。

特に気に行ったのはラファエロの『ヒワの聖母』でしょうか。
何とも言えない優しさ溢れる女性の表情が印象的でした。

あとはボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』ですかね、やっぱり。
とても幻想的な世界で、色彩が水彩っぽいアンニュイな感じ。
この色彩がこの絵の世界観をよく表現できていると思いました。

ルネッサンスは奥深いので、きっとよく勉強してこの美術館に来れば、
もっと楽しかったはず。

全く無知の私はただのミーハーでしかないので、有名な絵を見れただけで満足。
そして、やっぱり絵は印象派に限るという結論に達しました。
残念!!

f0223337_1293969.jpg

f0223337_130023.jpg


夕暮れ時のヴェッキオ橋。
空も美しい。
川面もキラキラ。
ほんと何もが絵になる街、フィレンツェ。

②に続く。
[PR]
by ikucovery | 2011-02-05 16:59 | Toscana+α