<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

♡♡Royal Wedding♡♡

ご無沙汰すぎてごめんなさい。
忙しいのと、生粋の面倒臭がりのせいで、全然更新できずにいます。

でも最近、少なくともfacebookの方には写真はUPしてるので、
もしFBにアカウントお持ちの方はfriendsリクエストしてもらえれば…と思います。 

+++++++

さて、4月29日。
何十年に一度であろう英国のroyal wedding。
そんな機会にロンドンに居合わせたのも、何かの縁だろうと思い、
疲れた体に鞭を打ち、夜中2時半からバッキンガムパレスまでroyal weddingを見に行ってきた。

f0223337_2134558.jpg

f0223337_2142861.jpg

f0223337_2162146.jpg

f0223337_2164773.jpg


夜のバッキンガムパレスは、とても幻想的で綺麗。
そして、その周りを囲む無数のテントたち。。。
みんな余裕の野宿です。

遠くに見えるロンドンアイもユニオンジャックカラー。
何とも可愛らしい。

そんな光景を見るのもレアだなーと思いながら、
先に午後4時半から場所をキープしてくれてた友達を探す。。。
ほんとにほんとに感謝!!

肝心のパレードはお昼12時過ぎ。
それまでの時間が長かった!!

朝8時にはテント・椅子はすべて撤去命令。
それから約4時間ちょっと、ずっと立ちっぱなし。
おまけにスペースはすごく狭く、朝から来た見物客が押し寄せてくるので、
圧迫感がすごかった。

おまけに我々一睡もしてないため、朝8時頃から眠くて眠くて死にそうだった…
立ってても寝れるくらい、体力の限界を感じ、
私なんて、ここまで頑張ったけど「もう帰りたい!」と心底思ったくらいしんどかった…

f0223337_21194194.jpg

f0223337_21203528.jpg

f0223337_21214879.jpg

f0223337_21221420.jpg


朝10時くらいから、マーチングバンドが行進をし始め、
皆な、俄然盛り上がりを見せる。

f0223337_21253279.jpg


そして各国の招待客の車がどんどん通りすぎ、
エリザベス女王やキャサリン妃も通り過ぎる。
ウィリアム王子はどうだったかな??
写真はキャサリン妃オンリー。

11時から式だったけど、もちろんここから見れるはずもなく、
設置されてたステレオから音声中継のみ。
それでも誓いの言葉の時は皆、興奮!!
その興奮の渦のなかで、私も疲れを忘れ一緒に騒ぐ!!

f0223337_21321310.jpg

そして、何故か隣りの見知らぬおじさんからシャンパンを振る舞われ、美味しく頂く。
こういうノリ、好きです。

f0223337_21355153.jpg

f0223337_2136165.jpg

f0223337_21394677.jpg

f0223337_21402220.jpg

f0223337_21404829.jpg

そして、ついにパレード!!
最初に騎兵隊(?)が馬に乗って現れる!!
かっこいい!!

それに続き馬車に乗った、royal familyが続々と。
この馬車が本当におとぎの国からやってきたような可愛さ。
イギリスのこういうところ、本当に素敵だと思う。

最初にウィリアム王子とキャサリン妃がやって来たんだけど、
残念ながらこちらは動画で撮ったため、写真はナシ。
動画のUP方法が分かったら載せますが、今回はごめんなさい。

そしてエリザベス女王!!
淡い黄色の洋服が似合ってましたね~
やっぱり上品っていうか、貫禄あり!!

続いてチャールズ皇太子とカミラさん。
それに続いて、ヘンリー王子だったかな。

とにかくすっごい勢いで去っていって、あっという間の出来事だった。
もう少しゆっくり走ってくれても良かったのになぁ…というのが本音。

でも、生キャサリン妃が見れて大満足。
すごく綺麗で品のある人だよね。
さすがウィリアム王子が選んだ人だけあります。

f0223337_2152929.jpg

パレードが終わってから、パレスのバルコニーに現れるroyal familyを見るため、
皆、一路パレスに向かって行進。
ほんとにすっごい人!人!!人!!!

f0223337_2156073.jpg

f0223337_21562729.jpg

パレス前まで行ったものの、royal kissを見逃した我々。
皆、royal kissが見たくて「kiss!kiss!」って叫んでたんですよ。
なのに…人々の悲鳴で、kissしたんだろうなーと気付いた次第です。

人の量も半端ないうえ、背の高い人達ばっかりなので、
背の低い我々が見れるはずもなく…残念の一言です。

でも総合的には大満足。
帰宅してテレビで映像を見て、この群衆の中に自分もまぎれていたんだなーと思うと、
ちょっと感動的だったりしました。

何はともあれ、happyなお二人を見て、happyなパワーをもらえた気がした。
末永くお幸せに♡♡
[PR]
by ikucovery | 2011-05-05 14:13 | ロンドン観光